インスタに見る宝塚92期、鳳月杏の本名、年齢は?組替えで更なる活躍を期待!

鳳月杏

宝塚歌劇92期生月組男役鳳月杏(ほうづき あん)さんについてまとめます!

花組以外のジェンヌさんのまとめですが、どんどん気になるジェンヌさんを調べていきますよ!

鳳月杏さんは花組にとてもゆかりのあるお方ですね!

STA(S太)
鳳月さんの魅力がたっぷり詰まったまとめです!(長編)

当記事は他のどのサイトよりも内容重視で、ステキな情報をお届けします!

月組へ組替えした鳳月杏の活躍が目まぐるしい!

鳳月杏さん92期生で2004年に宝塚音楽学校に入学、2006年3月に宝塚歌劇団に入団しました。(48名が入学)

注目される89期(明日海りお・望海風斗)、95期(柚香光・礼真琴)と比べ、92期はどのような同期生がいるのでしょうか!?

ちなみに92期生を調べてみたところ!11人の現役ジェンヌさんが活躍中です

おさる子
48人入団しても今が11人とは、厳しい世界なのね!?
92期主力メンバー(令和2年現在)
花組 元トップ娘役 蘭乃はな元男役 天真みちる
月組 元男役 煌月爽矢
雪組 元娘役 透水さらさ
宙組 トップ真風鈴帆元娘役 すみれ乃麗
くりげちゃん
天真みちるさんはあの牛五郎役で有名なジェンヌさんね!
STA(S太)
現役ジェンヌさんが少ない92期生には、、、星組所属生がいない!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

おこめ(@akanesasu.06)がシェアした投稿

スポンサーリンク

鳳月杏のプロフィールは?出身校や身長、年齢は?

 

鳳月杏さんは92期の中でも、ひときわ目立った存在で芝居・歌も上手なジェンヌさんなんです!

実力もあって、風格を極めている鳳月杏さん

スタイルも良く、まさに『タカラジェンヌの中のタカラジェンヌ』に相応しいお方です。

おさる子

番手に関わらず、すごく実力のあるジェンヌさんっているのよね!それが鳳月さんかしら!?


まずは、鳳月杏さんのプロフィールについてまとめていきます

 

鳳月杏のプロフィール

■生年月日・本名・愛称

生年月日:?年6月20日(宝塚おとめ2019年度版より)
年齢・本名:すみれコード
愛称:ちなつ、てね

愛称の『てね』は、同期の天真みちるさんが『ちなつさん』を口を開けないで呼ぶと『てねててん』になるということから呼び始めたこから言われています。

■出身地・出身校

千葉県船橋市、国府台女子学院中学部出身

■身長・血液型・成績

172㎝、A型、26番(48人中)

■名前の由来

』という字を使いたく、そして『』は『ローマの休日』の『アン女王』の名前が由来。

■主な経歴

月組時代(2006年~14年12月27)

 2006年
「NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-」で初舞台。

 2009年
「ラスト・プレイ-祈りのように-」新人公演でローレンス役、

 2012年
「ロミオとジュリエット」新人公演で死の役(本役:珠城りょう)
 「エドワード8世-王冠を賭けた恋-」フルーティ・メトカーフ役、新人公演:ゴドフリー・トーマス(本役:明日海りお)

  2013年
「ベルサイユのばら」新人公演でアンドレ役新人公演初主演
  →新人公演最終学年の7年目での抜擢

花組時代(2014年12月28日~2019年4月28日)

  2015年
「スターダム」リアム役 バウ初主演

  2017年
「はいからさんが通る」青江冬星役

 2019年
「CASANOVA」 コンデュルメル夫人役

月組時代(2019年4月28日~現在)

 2019年
「I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-」ヴォルフガング・エードラー役

 2020年
「出島小宇宙戦争」 カゲヤス役 東上初主演

 

くりげちゃん
月組公演『IAFA』が人生初の宝塚観劇だったよね??S太くん!
STA(S太)
そう!人生初鳳月杏さんの手足の長い男役がカッコよく、役柄も面白くて感激したよ

 

鳳月杏の宝塚学校に入ったきっかけは?

鳳月さんは3歳からクラシックバレエを習い、授業が終わるとバレエのレッスンへ行く毎日だったそうです。

転機は中学2年生の時

将来について考えた時、漠然と「宝塚」が脳裏に浮かび、独りで宝塚の劇場公演を観に行きました。

初観劇はすごく親しみを感じ、ここに入りたいと思ったのがきっかけだそうです。

宝塚を受験するきっかけとなったエピソードは、心打たれるものがあります

 

この投稿をInstagramで見る

 

@eiichinatsujoyがシェアした投稿

「チケットを買って、1人で花組の東京公演にいきました。私、1人っ子なので、思い立つとすぐ、1人で行動するタイプでした。その行動力が、良くも悪くもマイペースにもつながるんですが(笑い)」

夢舞台の観劇は初体験。だが、なぜか初めて見た気がしなかったという。

「もちろん、映像とは感じるものが違いました。でも、すごく親しみを感じたんですよ。で、ここに入りたい、と。母は(劇団に)すごく入ってほしかったみたいなので、親孝行しちゃいましたね(笑い)」

出典はこちら

母親の影響で宝塚は身近な存在となり、よく劇団の映像を観ていたそうです。

くりげちゃん
夢舞台の初観劇は、なぜか初めて見た気がしなかったとは、それぐらい宝塚が生活に一部になってたのかな?

自分から行動を起こす性格で、とてもアクティブな一面がありますね!

思い立ったが吉日の行動派

しかし、そんな鳳月さんも入団当初は先輩たちの演技に見惚れる、いち下級生だったといいます。

当時の月組のトップ瀬奈じゅんさんの卒業を目の当たりにし、徐々に芝居や男役としての姿勢を勉強していったそうです。

入団時(月組)のトップは瀬奈じゅん。もともと、その瀬奈のファンだった。

「コンサートなどで御一緒する機会もあったのですが、ただ『格好いい、ステキ』って思うだけでした。でも(瀬奈が)卒業されてから映像を見直し、芝居の仕方、男役としての見せ方など、勉強し直しました

出典はこちら

くりげちゃん
プロ意識が芽生える転換期って、とっても初々しくて応援したくなるね
STA(S太)
憧れの先輩が卒業し、いつしか憧れが目標へと変わっていったんだね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@eiichinatsujoyがシェアした投稿

インスタに見る鳳月杏の新人公演主演作、バウホール公演主演作は?

鳳月杏さんは入団して間もなく、月組に配属され着々とキャリアを積み重ねていきます!

インスタに見る鳳月杏さんの活躍を観てみましょう!

みなさんも鳳月杏さんの舞台姿を見れば、実力と魅力がきっとわかって頂けると思います!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ma_s_an(@ma_s_an)がシェアした投稿

鳳月杏の新人公演主演作品はこちら!

新人公演主演作は1作です!

くりげちゃん
今の活躍を見たら、新人公演主演が1作ってのがウソみたい!

ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編- 新人公演主演作 


出演22作目にして初の新人公演主演に抜擢されました。

しかも、『ベルサイユのばら』といったら宝塚の十八番舞台!

おさる子
え!本当に新人公演!?貫禄あるし、歌上手すぎじゃない!?

当時、アンドレ役を務めた時のコメントですが、謙虚な性格がにじみ出ており、今の鳳月杏さんの原点を感じさせてくれます。

「軍人ですから、男らしさを課題にして頑張りたい。何回か軍服を着させていただきましたが、私自身は好き。似合っているかどうか、分からないですけど

笑顔で謙遜するものの、長身ゆえ軍服姿は舞台に映える。ただ、自らを「不器用」と言い、軍服の着こなし、しぐさも、得心するまで時間が必要なタイプだ。

「何回もやって自分が納得しないと、自信を持てないといいますか、時間がかかりますね。もちろん、舞台に立つまでには自分の中に入れますがもっと早く、自信を持ってやっていきたい。そこは課題ですね」

子どもの頃は、負けず嫌いで活発だったが、性格は慎重派に変わった。大好きな宝塚の世界に入り、第三者からの視線を考えるようになったからだ。「皆さんに、ステキに見てもらおうって、考えすぎてしまうのかも…」。もっともそれは、プロ意識の高さでもある。

出典はこちら

軍服姿がここまで似合うジェンヌさんもそう多くないのではないでしょうか?

自分が役と向き合うこと』を大切にしているのが伺えますね!

STA(S太)
自信が持てるまで時間をかけコツコツやってきた結果が、今の鳳月さんを物語っているのかもしれないね

『演技』奥深さや難しさを感じますね!

くりげちゃん
謙虚なジェンヌさんね!すごく応援したくなるのはくりげだけかしら??

鳳月杏のバウホール主演作も見逃せない!

鳳月杏さんは新人公演主演だけでなく、バウホールでも主演を経験されています!

スターダム バウホール公演主演作

舞台は歌手デビューがかかるオーディション番組。

そこに類まれな気質と可能性を秘めた青年リアム(鳳月杏)が現れる。

鳳月さんにとって『好きだった役』として取り上げられている思い入れのある作品の一つです。(公式HPより

鳳月さんの歌唱力のスゴさが分かる作品ですので、ぜひご覧ください!

おさる子
宝塚メイクがびしっと決まってカッコいいね!マイティも出てる!
くりげちゃん
声量もあって歌声が聴きやすいし、それにしても手脚長っーーい

 

この投稿をInstagramで見る

 

sarah(@saaara4869)がシェアした投稿

STA(S太)
手脚が長いってコメント、とっても多い!!ダンスが様になるよね!

男役、鳳月杏の花組時代の活躍に注目!

 

鳳月杏さんと言えば、、、

  • 芝居の上手さ
  • 比類ない目力
  • 端正な顔つき
  • 長身で長脚なスタイル

 

男役になるために生まれてきたジェンヌさんと言っても過言ではありません!

 

おさる子
鳳月さんに憧れている下級生もきっと多いはずよ!
くりげちゃん
3拍子??いったい何拍子揃っているんだか!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ai_chan_sora(@ai_chan_sora)がシェアした投稿


鳳月杏で心に残る配役は?ファン必見です!

鳳月さんを語るうえで欠かせない配役は、花組時代のこの2役でしょうか?

青江冬星(はいからさんが通る)

はいからさんが通る』をご存知の方は言うまでもなく、伊集院少尉(柚香光)の恋敵となる役、青江冬星です。

再演では瀬戸かずやさんが演じる超重要人物!

STA(S太)
ハマりにはまり役で、S太もとても大好きな役です!ウェーブヘアーも似合い過ぎる!

この役の魅力は『はいからさん』の再演もあるので、この機会に初演の鑑賞をおススメします!

一言で表現することができない魅力があります。

台詞の話し方、所作、容姿、しっかり役の本質を演じきる!その姿が圧巻です!

鳳月さん台詞や感情の強弱のつけ方に注目してみると、その演技力に圧倒されていまうので、観る際はハンカチ必須です!!

3年前の17年が初演ですが、鳳月杏さんにすでに別格な演技力を感じた人も多いのではないでしょうか??

くりげちゃん
しっかり演じきるために、役を自分の中にいれるんだったね!コメント通りだわ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emily(@emily_.045)がシェアした投稿

コンデュメル夫人(CASANOVA)

鳳月杏さんを語るうえで外せない役こそ、このコンデュルメル夫人です。

おさる子
えっ!女性役?鳳月さんは男役のはずじゃ??
STA(S太)
そう、普段はダンディーな役もこなす男役!だけど、この時は女性の役なんだよね!

 

はいからさんが通る」にもみる、バリバリの高身長で包容力のある男役を演じながらも、「CASANOVA」では女性役もこなす鳳月さん

この役は、妖しく煌めく魅惑の美女でした。

普段に男役を演じるジェンヌさんが女性の役を務めるというのは、とても惹きつけるものがあります

娘役さんもいるのに敢えての男役、鳳月さんを選択

STA(S太)
女性役を知ってこその男役?ということでしょうか?観ている側は、いろいろな想像を巡らせます!

男役10年」という言葉があるように、『女性』であるジェンヌさんたちが完成された男役として舞台に立つまでは、とても時間がかかります

くりげちゃん
今までの先輩たちの後姿にならいつつも創意工夫し、独自の男役を築いていってほしいです!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

🐥 亜 弥 🐥(@tkrzk_love_626)がシェアした投稿

そんな鳳月さんにとっても貴重な女性役がこのコンデュルメル夫人です。

ビジュアルもさることながら、妖しさを秘めた歌声に感動します

 

その歌名も私を愛して Incantation of Mrs. Condulmer

 

いかにも妖しめで開始から早々、心を奪われてしまいそうなメロディと鳳月さんの美声が流れてきます。

STA(S太)
高音低音を自由に使いこなす美声と、妖しいBGMとが相まって最高の1曲に仕上がっています!S太は即買いでした!

 

STA(S太)
その美声を一度聴いてしまったら、コンデュルメル夫人の虜に!S太は鳳月さんの虜です

月組男役、鳳月杏の活躍から目が離せない!

 

最後になりますが、、、

鳳月さんを調べてみて感じたことがあります

下級生の時こそ舞台に臨む姿勢を考える大切な時期だということです。

 

下級生時代の鳳月さんの舞台に対する姿勢を知ってから、生舞台を観たときは、下級生の演技も観てみたくなりました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

@eiichinatsujoyがシェアした投稿

STA(S太)

人生初めて宝塚観劇をした時、舞台の端でも下級生のジェンヌさんがしっかり顔を作り演技をしている姿を観て心が熱くなりました。

 

上級生の生演技を通して、下級生は舞台に対する姿勢を自分で考える。

 

宝塚が長年多くの人に愛されているのは、、、

  1. 舞台への情熱が受け継がれていること
  2. 舞台を全員で作り上げる目標が共有できている

でしょうか?

宝塚は本当に奥が深いですね!

STA(S太)
以上、STA(S太)でした。 ご興味頂けましたら、サイトのブックマーク・ツイッターの登録をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

STA(S太)
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児 学生時代に栄養学、食品化学について学び独自の食生活を開拓中。 一日一膳のスローライフ実施中、断食に興味あり。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇(映像)し、ついに月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.