宝塚音楽学校106期生の卒業式は厳戒態勢?

宝塚106期生卒業式

本日3月2日に宝塚音楽学校、106期生の卒業式が行われました。

ヤフーのトップページにも載るほど、注目されているその卒業式は無事行われたのでしょうか!?

当記事は他のどのサイトよりも内容重視で、ステキな情報をお届けします!

宝塚音楽学校106期生の卒業式が実施されました!

新型コロナウィルスの影響もあり、多くの学校が卒業式を延期、中止と判断している中、『宝塚音楽学校』の卒業式は例年になく注目されたことでしょう!

新型コロナウイルスの感染拡大、生徒および参列者への感染を防ぐため、出席者を限定するなどの対策が講じられた卒業式。例年は祖父母や、幼い弟妹なども参列することもある保護者枠も、今年は2人まで。来賓や学校関係者なども、例年の3分の1程度と、人数がギリギリまで絞られた

出典はこちら

例年はあふれかえる体育館も、ヒト、ヒト間の距離を取るようにし感染の可能性を避けるようにしたようです。

マスク着用を義務

予科生から本科生への花束渡しもなし

厳戒態勢での卒業式だった模様です。

成績優秀者小林一三賞(首席に送られる賞)を受賞した平野花奈さんは答辞にて、コロナの収束を願う言葉もありました。

卒業生は39人で4がつ24日の月組公演「ピガール狂騒曲/WELCOME TO TAKARAZUKA」にて初舞台の予定です。

スポンサーリンク

宝塚音楽学校とは?卒業後に明るい未来を追い求めて!

 

宝塚106期生の卒業に関連して、音楽学校のことを少し調べてみました。

宝塚歌劇団は身近に感じられるのですが、音楽学校について知ることもファンとしては必要なことです!

STA(S太)
宝塚に興味を持ち始め、はや3か月目ですが、まだまだ知らないことがたくさんあります。

宝塚音楽学校について、初心者のファンの方の為にもこういったまとめも今後行っていきたいと思います!

スポンサーリンク

音楽学校卒業後も、タカラジェンヌは生徒扱い

宝塚歌劇団のジェンヌさんたちを「生徒」と呼ぶ習慣がありますが、ご存知でしたでしょうか?

宝塚歌劇団は音楽学校を卒業した生徒が芸を発表する場、とされているため生徒と呼ぶ習慣が根付いたと言います。

入団したら研究科に配属されることから、入団2年目の生徒=研究科2年生とし「研2」と呼び合います!

新人公演に立てるのは、研7までですね!(ご存知でしたでしょうか!?)

定期試験が研1、研3、研5の学年に催され、この成績によって雑誌「宝塚おとめ」の掲載順に反映されるそうです!

スポンサーリンク

タカラジェンヌに課せられる掟、すみれコード

すみれコードって聞いたことありますか?

すみれコードとは宝塚歌劇団のモットーとして「清く、正しく、美しく」ということから、イメージを損なう言動や態度を制限するための不文律(明文化されていないルール)となっています。

当ブログでも、生年月日の年は記載していません。

年齢を言ってはいけない

つまり年齢は分からないことになっていますが、入学の年を逆算すると分かってしまうこともあります。

おさる子
15から18歳までに受験の資格があるんだよね!

体重・スリーサイズを言ってはいけない

体重やスリーサイズの発言は厳禁だそうですが、身長は公式ホームページでも公表されています!

くりげちゃん
女性のプライバシーの観点からも体重・3サイズは言えないわね!

お金・男女関係を匂わせてはいけない

夢を与えるタカラジェンヌであるためには、お金や男女関係が明るみに出るのはイメージダウンにつながってしまいますね!

食べるところを見せてはいけない

かなり究極なルール!食べないと生きられないのだけれども、一般人とは違う存在であり続けなければならないのですね!


宝塚106期生はどんな時代を築いていくか?

宝塚音楽学校106期生の卒業式で小林一三賞を受賞した男役の平野花奈さんが首席卒業となりました!

 

個人的な感想ですが、平野花奈さんはどこか見たような顔つきです!

 

 

おさる子
礼真琴さんに似ているような??似ていない?似てるよね?

そんな気がするのですが、これも一重に男役さんはショートリーゼントが必須だからでしょうか?

同じく、堀部真未さん星組トップ娘役の舞空瞳さんにも見えてきます!!!

STA(S太)
同じ顔に見えてくるとは、まだまだ勉強が足りません!

何はともあれ、卒業式が迎えられたこと、おめでとうございます。

くりげちゃん
これからの活躍が楽しみね!106期生からトップ娘役さんが出るのが先かしら!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

S太
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇(映像)し、ついに月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.