宝塚歌劇公演中止を発表。

宝塚

宝塚公演の再演について、今回はまとめて行きます。

10日未明に政府より新たな発表がありました。

この状況の中、公演に行くことについて考えることがあったのでまとめました。

宝塚ブログを書いている中、宝塚歌劇団の存続のためにも出来ることをS太なりにやっていきたいと思ったのがきっかけです。

少々大げさな書き出しですが、それほど注意してもし過ぎることはないと思っています。

一宝塚ファンの意見として今回の休演・再開について考えて頂く材料になればうれしいです。

当記事は他のどのサイトよりも内容重視で、ステキな情報をお届けします!

宝塚公演を再開。その妥当性やSNSの反応は?

新型コロナウィルスの影響で、さらなる自粛要請が出ました。

安倍総理は10日午後、政府の新型コロナウイルスの対策本部で、大規模イベントなどについて、専門家会議が判断するまで今後さらに10日程度、自粛を要請する考えを示しました。

「全国規模のイベントについては、中止・延期・規模縮小等の対応を要請したところ、専門家会議の判断が示されるまでの間、今後おおむね10日間程度はこれまでの取り組みを継続いただくよう、ご協力をお願い申し上げます」(安倍首相)

出典はこちら

1回目の発表で2週間程度の自粛要請に続き、今回2回目の発表ではさらに10日間程度の自粛を要請です。

宝塚ファンとしてこれほど心苦しく板挟みな状況であることは間違いありません。

宝塚公演の再スタートについて様々な意見が飛び交っていますが、皆さんはどのようにお考えでしょうか?

ニュースのあるコメンテーターは『今回の宝塚は英断』という発言もありました。

暗いニュースが続く中、エンターテインメント業界に関わる人達は、いつ再スタートできるかがわからない状態であることも納得です。

各コンサートやライブなどの興行は中止される中、ライブハウスからのクラスター感染が発生しているのも事実。

そんな状況の中、宝塚が再スタートを発表しエンタメ業界にとっての再スタートは勇気ある決断だったに違いありません。

 

ですが、

政府からも自粛の要請が来ているにも関わらず、足並み揃えず再スタートを切った宝塚はいかがなものでしょうか?

1回目の要請(14日間程度の自粛)の際も、9日間と短い中止期間を経て再スタートに踏み切りました。

感染縮小の目処が立たないことから2回目の要請が発動したのですが、既に宝塚は再スタートしています。

今日、11日の昼にも宝塚公式HPより発表があるのかもしれないので、ファンの方は要チェックです。

以下速報です。

※中止の発表が出ました!

3月10日(火)夕刻に示されました「新型コロナウイルス感染症対策本部」の政府方針を受け、3月12日(木)より3月19日(木)の間、下記公演を中止させていただくことといたしました。ご観劇を心待ちにしておられたお客様には深くお詫び申し上げます。
下記公演の中止に伴うチケット料金の払い戻し方法につきましては、後日改めて宝塚歌劇公式ホームページにてご案内いたします(振替公演の予定はございません)。なお、払い戻しの際には、お手持ちのチケットが必要となりますので、大切に保管くださいますようお願いいたします。

出典はこちら

スポンサーリンク

宝塚歌劇の決断が問われる時

S太は17日に雪組公演予定です。

正確には、雪組公演予定でした

つまり、行きません。

ヤフートップページにも宝塚の今回の判断についての記事が上がっていますが、正直なところモラルに欠ける気がしてなりません。

ご存じの通り、宝塚は最善策をとって感染症対策としているのでしょうが、その策が果たして有効なのでしょうか?

場内換気の強化

軽食提供の取りやめ

客席降り演出中止

極めつけは、

サーモグラフィーによる37.5度以上の観客の入場制限

ですが、潜伏期のコロナウィルス感染者はおそらく素通りですから、完璧な対策ではありません。

宝塚大劇場のの席数は2550席。東京宝塚劇場では2069席

この中に、感染者がいてクラスター感染がおこる可能性を考えると、最善策はやはり大勢で集まらないこと。

 

公演を再開することの重大性を考えれば、おのずと答えは見えてくるはずです。

ましてや、演者のジェンヌさんたちの健康状態も発表されていないため、主催者側からの感染拡大も考えられなくもありません。

宝塚公演中止発表が決まりました。

中止が本日未明に発表されました。

公演中止期間
花組宝塚大劇場公演
『はいからさんが通る』
 3月13日(金)~3月19日(木)

雪組東京宝塚劇場公演
『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』
 3月12日(木)~3月19日(木)
※3月13日(金)開催予定の宝塚友の会「トークスペシャルin東京 雪組」も中止いたします。

公式な発表がなされて、少々ほっとしている感じがあります。

多くの方もきっと同じ感覚を抱いている方もいるのではないでしょうか?

 

今回の中止発表は、宝塚歌劇のさらなる発展のためにも必要なことだと思います。

 

STA(S太)
子どもたちが授業や卒業式さえも中止されているのに、大人は観劇できるって状況は確かにおかしいと思いました。子どもたちになんて説明すればいいのか?悩むところです。

こんな状況でも、正しい判断をすることが私たち大人には求められていると感じました。

今回の状況は様々なご意見がたくさんあると思います。

私たちが愛してやまない宝塚を少しでも考えるきっかけとなる記事となればうれしいです。

ご賛同頂ければ、コメントやボタンのクリックをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

S太
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇し、月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.