風間柚乃がカッコいい!インスタに見る宝塚100期生、本名や年齢は?

風間柚乃

宝塚歌劇100期生の月組期待の新星男役スター候補、風間柚乃(かざまゆの)さんについてまとめます!

先日、2025年日本国際博覧会のアンバサダーにも月組代表で就任した風間柚乃さんですが、今年に入って勢いが急上昇中!

STA(S太)
風間柚乃さんを見た時は存在感たっぷりでとても目立っていました!

当記事は他のどのサイトよりも内容重視で、ステキな情報をお届けします!

風間柚乃のプロフィール、出身校や身長、年齢は?

風間柚乃さんは宝塚も区切りとなる100期生で2012年に宝塚音楽学校に入学した後、2014年に宝塚歌劇団として入団しました!

同期の100期生はどのような顔ぶれでしょうか??

100期生のタカラジェンヌ

花組 トップ娘役 華優希、娘役 音くり寿男役 聖乃あすか
月組 男役 風間柚乃  
雪組 娘役 羽織夕夏
星組 男役 極美慎
宙組 トップ娘役 星風まどか、娘役 天彩峰里

くりげちゃん
現役バリバリのトップ娘役さんが2人も!!100期生から目が離せないわ!
STA(S太)
花組の聖乃あすかさんも、星組の極美慎さんもアンバサダーに選ばれていたね!

スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

みゆう🌼(@mina_yuki_ruri)がシェアした投稿

風間柚乃のプロフィール、年齢や身長は?

風間柚乃さんは月組の中でもとても勢いのある若手男役として活躍中です!

甘いマスクで存在感のある役を演じる風間柚乃さん

月組のトップスター候補、風間柚乃さんのプロフィールをまとめました!

風間柚乃のプロフィール

■生年月日・本名・愛称

生年月日:?年5月1日(宝塚おとめ2019年度版より)
年齢・本名:すみれコード・小達はるな
愛称:おだちん、ゆの

■出身地・出身校

東京都品川区、青山学院高等部出身

■身長・血液型・成績

169㎝、B型、9番(39人中)、
2019年宝塚歌劇団年度賞、2018年度阪急すみれ会バンジー賞

  

おさる子
ゆのくんのあの優しい笑顔が特徴的ね!大好きだなぁ
くりげちゃん
新人公演主演の回数は2回ね!期待されてる証拠ね!

 

スポンサーリンク

宝塚歌劇団、風間柚乃の誕生、入団のきっかけは?

母親の影響で宝塚歌劇を幼稚園の頃から見ていた風間柚乃さん。

ここに入りたいと思ったのは、劇場で生の舞台を初観劇した小学6年生の時

受験には何が必要かを調べ、中学2年でバレエ・声楽を習い始めました

母親の影響で宝塚に憧れ受験を決意

 

この投稿をInstagramで見る

 

回血小號🈺 坐標香港🐾 歡迎勾搭👺(@nekosuki_shop)がシェアした投稿

幼い頃から、自然に“芝居”をしていたという風間さん。

1人っ子で一人二役で遊んでいたことが今の原点にあるそうです。

勉強に飽きちゃうと、うちにあったレジスターをいじって、お客さんと店員さん役をやっていました。

子供のころ映画、アニメを見ると悪役や脇役にひかれた。「存在感がすてきだったな、とか考えて」。少女向けアニメより、ウルトラマンが好きだった。

「男の兄弟もいないのに、ウルトラマンを父と見ていました。さすがに怪獣じゃなく、ウルトラマンが好きでしたけどね!」

出典はこちら

もともと身体能力は抜群だったそうで、小学生の時から短距離走、幅跳び、高跳びの選手でした。

自身もだいぶ男の子っぽかったといい、男役としての身体つきには恵まれていたことが予想できますね!

どのような男役を目指すか?という質問に対し、大器の可能性がうかがえる返答でした。

どんな男役になりたいかとよく聞かれるのですが、こういう男役になりたいという明確なものがあるわけではなくて、むしろそういうものは舞台の経験値で変わってくるのではないかと思っています。

今はとにかく、いろんなことを感じ取って進化していければと。一瞬一瞬を大切に、日々歩み続けていきたいと思います。

出典はこちら

様々な意見や経験を取り入れてこそ、理想的な男役が築けるとも言っているようです。

誰みたいになりたいという具体的なトップ像があるのではなく、あくまで自分の理想や個性を生かしながら成長していく姿が見られます。

風間さんの言葉には、理想とする男役像の先に、おのずとトップスターが見えてくるように感じました。

アンバサダーに選ばれたことも踏まえると、トップスターになる素質を十分備えたジェンヌさんであることは間違いありません!

スポンサーリンク

風間柚乃の家系図が気になる?

風間柚乃さんを検索すると、女優の故夏目雅子さんがヒットします。

調べてみると、風間さんは夏目雅子さんの姪であることが分かりました。

おさる子
特に目元は夏目雅子さんとそっくりだね!

さらに詳しく、風間さんを中心に見てみると、、、

小達敏昭さんはプロゴルファーで夏目雅子さんのにあたる。

夏目雅子さんの兄、小達一雄さん故田中好子さん義伯母にあたる。

スポーツ・芸能家系であることも分かりました。

「芸能界ではなく、宝塚に入りたかった。両親はいろいろ思うことがあったと思うんですけど。私があまりにまっしぐらで、何も言われませんでした」。父はプロゴルファーの小達敏昭、伯母は名女優だった故夏目雅子さん、義伯母は故田中好子さんだ。

出典はこちら

 

スポンサーリンク

風間柚乃の宝塚舞台歴は?

次に風間柚乃さんの宝塚舞台歴についてのまとめです。

2014年3~4月月組『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』で初舞台。
2014年11~2月組まわり(=研修のようなもの)の後、月に配属。
2017年1~3月『グランドホテル』新人公演にて、オットー
2018年2~5月『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』新人公演初主演
2018年8~11月『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』
シュテファン・カロリィ(蓮つかさと役替わり)
ルドルフ(暁千星と役替わり)
新人公演・代役にて、ルキーニ
2019年3~6月『夢現無双』新人公演主演にて、宮本武蔵
2019年7~8月『チェ・ゲバラ』フィデル・カストロ(2番手月城かなとの休演)
2019年10~12月『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』フェリックス
2020年2月『出島小宇宙戦争』シーボルト

 

風間柚乃の魅力は?

風間柚乃さんは、新人公演主演を2度経験されています。

風間さんの最大に魅力は、音楽学校の頃から歌のうまさに定評があったそうですが、実際にS太が生観劇しわかったことは下級生とは思えない演技力だと思います。

今までの公演歴を見てみると、各本公演、新人公演でも重要な役を任されており演技力にも定評があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

みゆう🌼(@mina_yuki_ruri)がシェアした投稿

エリザベート』でのこと、元月組二番手の美弥るりかさんが体調不良で休演した際に、その役を月城かなとさんが演じ、月城さんの代役を風間さんが務めました

公演歴を見てもわかる通り、この作品でかかわった役が3役

休演の影響もありましたが、1作品で3役もこなすハードスケジュール

新人公演でルキーニ役が好評だったことから、代役でもルキーニ役を演じた風間さんですが、宝塚の舞台のクオリティの高さを考えると、どれくらいのプレッシャーがかかったのか?はかり知れません。

若干研4で大役を抜擢され、その役をしっかりこなせたことが風間さんにとって大きな糧となったことでしょう。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

福住昌子(ふくずみまさこ)(@mako.hitonowa)がシェアした投稿

研6でも『チェ・ゲバラ』にて、出演予定だった月城かなとの休演で、2番手格のフィデル・カストロ役も演じています。

注目のジェンヌさんの一人です!

インスタに見る風間柚乃の主演作は?

風間柚乃さんは月組に入団して今年で6年目の年です!(2020年現在)

インスタに見る風間柚乃さんの活躍を見ていきましょう!

期待の新星の風間柚乃さんの主演作をまとめました!

風間柚乃の新人公演主演作品

新人公演主演作は2作です。

カンパニー 青柳誠二
新人公演初主演①(本役:珠城りょう)

入団5年目にして初の主演です。

さらに、次の年に2回目新人公演主演も務めました。

無限無双-吉川英二原作「宮本武蔵」- 宮本武蔵
新人公演初主演②(本役:珠城りょう)

 

宝塚月組スター候補、風間柚乃の活躍に期待!

「常に役として生きていないと舞台に立っていてはいけない」という風間さん。

舞台を経験する度に、公演直後、すぐに失敗に向き合えることが出来るのは、風間さんらしさでもあります。

舞台の1回1回を大切に仕上げる

その地道な経験が新人公演主演3回のチャンスを引き寄せているのも知れません!

今後の活躍からも目が離せませんね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

みゆう🌼(@mina_yuki_ruri)がシェアした投稿

STA(S太)
以上、STA(S太)でした。 ご興味頂けましたら、サイトのブックマーク・ツイッターの登録をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

S太
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇し、月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.