美園さくらは数学が得意!インスタに見る宝塚99期生、歌唱力や年齢は?

美園さくら

宝塚歌劇99期生の月組トップ娘役、美園さくら(みそのさくら)さんについてまとめます!

先日、月組トップスター珠城りょうさんが退団することを発表し、一緒に退団する道を選んだ美園さくらさん

ファン界隈では進退が注目されていました!

残りの活動期間も大、大、大注目です!

STA(S太)
珠城りょうさん美園さくらさんのペアが観られるのもあと少しです!!

当記事は他のどのサイトよりも内容重視で、ステキな情報をお届けします!

美園さくらのプロフィール、身長、本名、年齢は?

美園さくらさんは99期生で2011年に宝塚音楽学校に入学した後、2013年に宝塚歌劇団に入団しました!

同期の99期生はどのような顔ぶれでしょうか??

99期生のタカラジェンヌ

花組 男役 帆純まひろ
月組 男役 英かおと、トップ娘役 美園さくら
雪組 娘役 野々花ひまり、男役 諏訪さき、娘役 野々花ひまり
星組 娘役 小桜ほのか

くりげちゃん
99期生は37人が入団しているわ!22人が現役のジェンヌさんね!(2020年3月)
STA(S太)
さくらちゃんは、2014年初詣ポスターモデルにも選ばれてるわ

 

スポンサーリンク

美園さくらのプロフィール、年齢や本名は?

美園さくらさんは月組のトップ娘役として現在活躍中です!

退団公演の日程も決まり、丸8年で宝塚人生を終えられます。

ふっくらで可愛らしいビジュアルの美園さくらさん

月組のトップ娘役、美園さくらさんのプロフィールをまとめました!

美園さくらのプロフィール

■生年月日・本名・愛称

生年月日:?年6月17日(宝塚おとめ2019年度版より)
年齢・本名:すみれコード・上山恵美子
愛称:さくら、さくさく

■出身地・出身校

東京都江戸川区、 大妻高等学校出身

■身長・血液型・成績

164㎝、A型、主席(37中)

2014年阪急阪神 初詣ポスターモデル

  

おさる子
さくらちゃんの演技は魅力たっぷり、歌声が特に素敵!大好きだなぁ
くりげちゃん
ソロで歌う時に歓喜あまって涙をながす姿がステキ
スポンサーリンク

宝塚歌劇団、美園さくらの誕生。入団のきっかけは?

美園さくらさんの入団の経緯についてみていきましょう!

宝塚の雑誌に詳しくその内容がマンガ形式で載っていました!

母が声楽家であったこともあり、幼少期から音楽に触れる環境で育った美園さくらさん。

宝塚が好きな伯母につれられて、宙組公演『砂漠の黒薔薇/GLORIOUS!! -栄光の瞬間-』を初観劇。
この時には宝塚に入りたいと思わなかったそうです。

伯母の勧めが宝塚受験へと導いた

 

この投稿をInstagramで見る

 

くわれん(@fifi1109pluto)がシェアした投稿

伯母の勧めで声楽とバレエを習い始め、中学2年の時、水夏希さん主演の雪組公演『エリザベート』を観劇し、宝塚を意識し始めたと言います。

これがきっかけで音楽学校受験のための教室に通い始めました。

高校進学でクラブ活動はせず勉強に打ち込む日々。

バレエは多い時で週6も通っていたそうです。

一度目の音楽学校受験は三次選考で不合格となるも、『ここまで来られるなんて嬉しい』と悲しい気持ちにはならなかったそうです。

おさる子
すごくポジティブな性格ね!その性格が舞台でもにじみ出ているよ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ほわりん(@sharon_primel)がシェアした投稿

二度目の受験は最後と決めて臨み、三次選考では数学検定のことしか聞かれず不合格を確信したそうですが、結果はみごと合格!

合格発表も自身の番号を見つけられず母親と帰宅している時に、学校からの連絡で合格していたことに気づいたというエピソードもファン界隈では有名な話だとか、、、。

スポンサーリンク

美園さくらは才女?数学オリンピック?

美園さくらさんを調べてみると伯母の存在が大きく感じられました

宝塚初観劇のきっかけ

声楽とバレエの習い事への勧め

勉強を教えてくれ中学では学年1位の成績

才女の片りんを見せる美園さくらさんを語るうえで、伯母の存在は欠かせないですね。

この話以外にも、美園さくらさんの才女ぶりが分かるエピソードがたくさんあります!

美園さくらの才女ぶり

美術館で絵を鑑賞した後、絵を買ってもらい絵の内容について感想文を書いては勝手に学校の先生に提出

私立の中高一貫に入学し、高校生までずっと三つ編みを貫いた

休日は仲良しのお友達と裁判の傍聴裁判の様子のスケッチ

さらに、美園さんを検索すると『数学オリンピック』というキーワードが引っ掛かります。

実際のところは数学オリンピックではなく数学検定準2級を受験され、その際に文部科学大臣賞(卓越して優秀な成績を収めた合格者のなかから選抜)を受賞したとのことです。

高1の生徒1名が 数学検定準二級において文部科学大臣賞を受賞いたしました。
22,222人中、1人だけが受賞できる大変貴重な賞をいただきました。

出典はこちら

出身高校では、このようなお知らせが学校通信にて発信されていますが、美園さくらさんのことである可能性は非常に高いですね。

宝塚歌劇団に首席で入団したこともあり、勉学においても才女であることが伺えます!

くりげちゃん
舞台の振る舞いは、真面目な感じがよく伝わってくるわ!
スポンサーリンク

 

美園さくらの宝塚舞台歴は?

美園さくらさんの宝塚舞台歴についてのまとめです。

2013年4~5月雪組公演『ベルサイユのばら-フェルゼン編-』で初舞台。
2013年6~12月組まわり(雪組・宙組)(=研修のようなもの)の後、に配属
2015年4~7月『1789-バスティーユの恋人たち-』
 新人公演初ヒロイン:マリー・アントワネット
2016年10月『FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜』
 バウホール初ヒロイン:ジュリエット
2017年12月『Arkadia-アルカディア-』
 バウホールヒロイン:ダリア
2018年2~5月『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』
『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
 新人公演ヒロイン:スパイシー
2018年6~7月『雨に唄えば』
 東上初ヒロイン: キャシー・セルダン
2018年8~11月『エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-』
 新人公演ヒロイン、初エトワール:エリザベート
2019年1月『ON THE TOWN(オン・ザ・タウン)』
 トップお披露目公演:アイヴィ・スミス
2019年3~6月『夢現無双-吉川英治原作「宮本武蔵」より-』:お通
『クルンテープ 天使の都』
 大劇場トップお披露目公演
2019年10~12月『琥珀色の雨にぬれて/Dramatic “S”!』トップお披露目公演
2017年11~
18年2月
『I AM FROM AUSTRIA-故郷(ふるさと)は甘き調(しら)べ-』
 エマ・カーター
2020年4~7月『WELCOME TO TAKARAZUKA-雪と月と花と-』
『ピガール狂騒曲』:ガブリエル 予定
2020年11~
21年2月
『桜嵐記(おうらんき)』
『Dream Chaser』
 退団公演予定

月組に配属されて、退団までずっと月組です

おさる子
研7でトップ娘役さんに就任!およそ2年間のトップ娘役さんを終える予定です!

美園さくらのヒロイン主演作品

美園さくらさんは入団して7年目です(2020年3月現在)

美園さくらさんの活躍を見ていきましょう!

トップになる前までヒロインを演じた作品は6作です。

新人公演ヒロイン 3作
バウ公演ヒロイン 2作
東上公演ヒロイン 1作
(エトワール 1作)

 

1789-バスティーユの恋人たち-
 新人公演初ヒロイン①

入団3年目にして初のヒロインを演じました。

さらに、翌年の作品でバウホール公演で初ヒロインも務めました。

FALSTAFF〜ロミオとジュリエットの物語に飛び込んだフォルスタッフ〜
 ジュリエット役
バウホール公演初ヒロイン①

Arkadia-アルカディア-
バウホールヒロイン②

カンパニー-努力、情熱、そして仲間たち-
BADDY-悪党は月からやって来る-
新人公演ヒロイン②

雨に唄えば
東上初ヒロイン①

エリザベート-愛と死の輪舞-
新人公演ヒロイン③、初エトワール①

 

この投稿をInstagramで見る

 

macomaco(@macotky)がシェアした投稿

美園さくらの魅力は歌唱力

美園さくらさんと言えば『I AM FROM AUSTRIA』のエマ役を観ていただきたいと思います!

美園さん関連の本や記事を読むと、作品に対する情熱が人一倍強い方であることが垣間見えます。

異国な雰囲気の役が似合う

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO☆宙組贔屓(@cosmos1997)がシェアした投稿

スレンダーで華奢なイメージとは裏腹に、力強い歌唱力が魅力です!

STA(S太)
ほっそりした体型でもダイナミックな歌声が特徴的です!

実際にS太が観劇した時の美園さくらさんの歌声は、引き込まれる独特な声色に可愛らしさも大人らしさも感じられました。

やはりトップ娘役らしいきれいな歌声に驚かされますが、美園さくらさんの美声は頭に残り聴きごたえがあります。

珠城さんの低く男らしい声とは対照に、女性らしいつやのある歌声が特徴的です。

トップ娘役さんの象徴とも言える美声の持ち主です。

ぜひ聴いて感動していただきたいと思います。

STA(S太)
S太のおすすめは『IAFA』の『私の居場所 WO GEHOR ICH HIN』の歌声が好きです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hrhrr_kangeki_diaryがシェアした投稿

美園さくらと珠城りょうの月組トップペアに注目

美園さくらさんさんを語る上で欠かせな人物、、、

ご存じの通り、添い遂げ退団の相手

それは、珠城りょうさんの存在です!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO☆宙組贔屓(@cosmos1997)がシェアした投稿

美園さんは、歌、ダンス、芝居の三拍子そろった娘役としてキャリアをスタートさせました。

18年11月に月組のトップ娘役に就任し、その相手が5期上の珠城りょうさんです。

退団を決めた時期は19年末の『I AM FROM AUSTRIA(IAFA)』といいます。

私のしたいパフォーマンスがすべて詰まっていた。いつ辞めても悔いがない、という作品に出合えたことが決定的だった』と退団会見で説明したのも非常に印象的でした。

そんな作品を成し遂げた直後、20年1月に珠城りょうさんから退団を告げられ、一緒に退団することを申し出たそうです。

~退団を決意したきっかけ~
「トップ娘役に就任した頃から、珠城さんと卒業させていただくことが夢でした。そして、いつ退団しても悔いはないと思えた『I AM FROM AUSTRIA』のエマ・カーター役に出合えたことも決定的な出来事です。ちょうどそんな時に珠城さんの退団のお話を伺い、ご一緒したいと即答しました。」

出典はこちら

おさる子
珠城からトップ就任時にプレゼントされた、イヤリングをしていたそうで、たまきちをとても慕っていたことが分かるね!
くりげちゃん
娘役さんにとってトップと添い遂げて退団することは、喜びでもあるのね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

えむ。(@musical___8)がシェアした投稿

添い遂げ退団とは宝塚にふさわしく、尊いものです。

退団会見を見ると、どれだけトップの二人が先頭に立って組を率いてきたかが分かります。

STA(S太)
もし同じ立場なら、片方が辞めた時にプツリと緊張の糸が切れような感覚になりそうです。
くりげちゃん
それほど本気で芸事を成し遂げてきた証よね!期間ではなくどれだけ向き合えたか?なのかもしれないわ!

美園さくらさんの退団会見を通じて、珠城りょうさんというトップスターの魅力も垣間見えました!

珠城りょうさんの一番近くにいた美園さくらさんの言葉が全てを物語っていると思います。

尊い存在であり続ける宝塚の伝統が感じられる会見だったのではないでしょうか?

退団まで2人の姿を応援したくなりますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO☆宙組贔屓(@cosmos1997)がシェアした投稿

美園さくらが退団!宝塚集大成の活躍に期待!

月組のトップ娘役として輝き続ける美園さくらさんについてまとめました。

退団会見で一番印象的だった言葉

『見本となる娘役ではありませんでしたが、、、』
『与えられた役割に恥じることなく責任感は常に持って、、、』

この言葉が、美園さくらさんのすべてを物語っていると思います。

自身も感じでていたであろうプレッシャーにも負けず、トップ娘役という重圧に耐えてきたということでしょうか?

『身の引き締まる思いでした。私は見本となる娘役ではありませんでしたが、与えられた役割に恥じることなく責任感は常に持って、努力は怠らないようにと心掛けてきたつもりです』

出典はこちら

退団会見は終始和やかで、笑顔がこぼれるシーンもあったそうです。

重圧から解き放たれた美園さくらが次の舞台から観られるのでしょうか?

一皮も二皮もむけた、舞台を楽しむ美園さくらさんを最後まで応援したくなりました!!

今後宝塚の第一線を退いても、美園さくらさんから目が離せませんね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

love♡Amn(@lovely_flower_amn)がシェアした投稿

最後にポイントをまとめました。

美園さくらのここに注目!

合格発表で受験番号を見つけられず→電話で合格を知った

数学検定準2級を取得し、文部科学大臣賞を受賞

新人公演3回、バウホール公演2回、東上公演1回のヒロインを経験

宝塚でもの随一の歌唱力をもち、独特な声色が光る娘役

美園さくらさんのミュージック・サロンも9月に開催されます!

美園さくら

 

STA(S太)
以上、STA(S太)でした。宝塚初観劇でいただいた色紙がステキな思い出です!サイトのブックマーク・ツイッターの登録をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

S太
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇(映像)し、ついに月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.