雪組トップスター望海風斗の退団記者会見が明らかに!

望海風斗 NOW!ZOOM ME!!

雪組トップスターの望海風斗さんの退団記会見が昨日18日に開かれました。

ネット上では様々なメディアによる記事の投稿がありましたが、ようやく19日になって宝塚歌劇団公式HPにその全貌がアップされました!

[blogcard url=”https://kageki.hankyu.co.jp/sp/news/20200217_002.html”]

中でも印象的だったのが、思い出の作品、目指した男役像でのコメントです。

~思い出の作品~
「すべての作品が思い出深いですが、中でも印象に残っているのが『ドン・ジュアン』(2016年雪組)です。当時は、これで辞めても悔いがない、というほどの気持ちになれる作品には、もうめぐり合えないだろうと思っていましたが、それ以降の作品でも“役を生き抜いた”という感覚をもって、舞台に立つことができるようになった転機の作品でもあります。」

出典はこちら

研13年でのドンジュアンは、自身にとっても2番手男役の作品です。(その後「ひかりふる路/SUPER VOYAGER 」でトップに就任)

トップ就任がほぼ確定していたにも関わらず、これで辞めても悔いがないとまでやり切った役を要チェックです!


スポンサーリンク

望海風斗さんは、努力の人。

その理由がわかる作品だと思います。

舞台に対する意識や、歌唱力も自身が思い描く男役像に突き進んでいた時期ですね!

くりげちゃん
妥協しない望海さんの魅力が詰まった役を是非観てみたいわ!

~目指した男役像~
内面からにじみ出てくるような人間性を、役の中で表現できる男役を目指してきました。そのうえで、まだまだ違う自分がいるのではないか、もっと違う役柄を表現できるのではないかと、男役が大好きな気持ちで、まだ見ぬ自身を追い求めてまいりました。」

出典はこちら

伝統ある花組にて男役を磨いた時期があったことや望海さんの性格も重なって、『男役を追求すること』ができたと感じました。

おさる子
その人自身だけど、組替えも望海さんの宝塚人生にとても影響を与えたね!

小学生の頃から憧れ、宝塚人生の終着点を迎えようとしている望海さんですが、、、

宝塚を退団されてからが、本当の望海さんの本領発揮ではないでしょうか?

舞台に対する意欲は、どの俳優と比べても遜色ありません。

ファンもその活躍が観れる日を楽しみにしていると思います!

それまでは宝塚の雪組トップスターとして、最後の最後まで頑張って頂きたいですね!

STA(S太)
以上、S太でした。 ご興味頂けましたら、サイトのブックマーク・ツイッターの登録をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUT US

S太
"昨日の自分を超える"をモットーに脱社畜系男子を目指している九州男児。 宝塚歌劇団、花組『青い薔薇の精』を観劇(映像)し、ついに月組『アイアムフロムオーストラリア』、花組『ダンスオリンピア』を生観劇。 宝塚に魅せられ、多くの人にその魅力を伝えたくブログの執筆も始めました!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.